ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!2018年3月22日からイギリス生活送ってます◎

後編・語学学校に現地入学したお話

前回は直接語学学校に行って入学した流れを紹介しましたので

後編の今回はわたしが実際に行ったイーストボーンの学校をご紹介◎

授業料+ホームステイの総額が高い順に並べます。

 

わたしはジェネラルイングリッシュコースとホームステイで検討していました。

検定用のコースやジェネラルでも授業数を多くする等アレンジもできるので金額は参考程度にご覧ください。

そして写真がなぜか傾いてしまって直せず…見づらいです。ごめんなさい。クリックしたら拡大して見えるはず。

 

===================

EF

世界各国に校舎がある大手ですね。

校舎の雰囲気もさすが大手でしっかり学校感があります。

イーストボーン校の場所は駅から海へ反対に行く感じ。周りはお店などはなく静かな環境。

学校の校舎が大きいのと周りになにもないから学校に集中したゆったりした生活が送れそう。(学食も中にあったような…)
卒業後もオンラインで勉強が出来るサポートがついてるらしい。
生徒は常に日本人が数人いるって言ってました。

 

見積りをその場で出してくれました。(ペンとかノベルティもくれた)

f:id:kozuenjoy:20180615085929j:plain

12週間ジェネラルイングリッシュ(週26レッスン・1レッスン40分)

12週間ホームステイ(ツインルーム・ハーフボード)

入学金等合わせて 総額:£4,890(約73万円)

 


English Language Centre

ブライトンにもう1校があるけどローカルな学校。

スタッフさんがキュートで明るいのが印象的。丁寧に対応してくれて頼れるなって思いました。
街にも海にも近いところが1番ぐっときたポイント。食堂はなし。

校舎は狭いけどアットホーム感!

英語が全然できないようならここはABCからの授業もあるらしいです。50歳以上のコースや習い事をオプションでつけられるコースも。

日本人はいつもあんまりいないって言ってました。(見学行った時は0人)

 

わかりやすいパンフレットで明朗会計。

f:id:kozuenjoy:20180615090241j:plain

f:id:kozuenjoy:20180615090257j:plain

12週間ジェネラルイングリッシュ(週25レッスン、9:00~14:30)

12週間ホームステイ(シングルルーム・ハーフボード)

入学金等合わせて 総額:£4,410(約66万円)

 


St.Giles

ここも大手。だけど校舎はこじんまりとしててアットホーム感。

学食もあって、ラウンジや庭で生徒が交流しやすい雰囲気。

場所は海には近いけど、街にはちょっとだけ遠い位置。近くに少しだけ店があり。

スタッフさんの雰囲気も明るくて好印象。

 

現地入学だと(もしくは時期か、日本人だからか?)授業料が20%オフになるようでした。

パンフレットもくれたけど手書きでわたしの場合の費用を教えてくれました。

f:id:kozuenjoy:20180615090114j:plain

12週間ジェネラルイングリッシュ(週20レッスン・午前で終わり)

12週間ホームステイ(シングルルーム・ハーフボード)

入学金等合わせて 総額:£4,334(約65万円)

 


Language Teaching Centre

分校などはないローカル学校。

校舎というか敷地がかなりでかい!テニスコートや室内運動場もあり。

場所は駅からも海からも遠く、学校の周りにはなにもありません。

ちびっこ(under16)の寄宿コースもあるようで寮も隣接しているようです。

友達(日本人)が通ってて中東系の生徒さんが多いと言ってました。

学食もあるそうですがあんまりおいしくないそうです笑。

 

ここもパンフレットで明朗会計。

f:id:kozuenjoy:20180615090348j:plain

f:id:kozuenjoy:20180615090318j:plain

12週間ジェネラルイングリッシュ(週20レッスン・午前で終わり)

12週間ホームステイ(シングルルーム・ハーフボード)

入学金等合わせて 総額:£3,596(約54万円)

 

 

Twin

ロンドンにも校舎があるそうですがローカル感の強い小さな学校。

校舎も見に行った中では1番小さい。ティーンの生徒が多いように感じました。

駅に近い。つまり街にも近い。
日本のエージェントで紹介されていることがほとんどないらしく、しばらく日本人は
入学していないそうなので日本人いない環境がよければ良いかもしれません。

直接説明してくれたスタッフさんは親切だったけど他のスタッフさんが無愛想で、学校の雰囲気もなんとなく重たく感じのがマイナスポイント。

 

ここはパンフレットをもらえず、金額のメモだけくれました。

f:id:kozuenjoy:20180615090204j:plain

12週間ジェネラルイングリッシュ(朝コース 9:00~12:30)

12週間ホームステイ(シングルルーム・ハーフボード)

入学金等詳しいことが不明だけど 総額:£3,036(約50万円)

 

===================

グーグルマップで「語学学校」を検索した時は10校ほど表示されたのですが、実際行ってみるとなかったり(閉校?)してたところもあって全部で5校を見てきました。

 

わたしは「English Language Centre」に通っています!

ELCの良さは後日改めるとして、決め手は

・海にも街にも近い(せっかくイーストボーンにいるなら海大事だし遊びも大事)

・スタッフさんが最高に丁寧でキュート(この人なら大丈夫感)

この2点が大きかったです。

授業内容や教育方針みたいなのはわたしには優先順位が低いので基本的にはフィーリング。

 

あとはもちろんお金。

EFは最初から行く気がなかったので除くと、金額だけで見ると最安値のtwinとELCでは約15万円の差が。

こんだけあったら旅行行きたいと思ってしまいましたが通っている生徒の質がいいだろうっていう思い込みも含めて決めました。

あと授業が午後まであってこの料金だと思ったら妥当かなと。

 

 

 

わたしにしては珍しく結構悩んでしまいましたがなんとか決めて、無事に現地での入学を果たして元気に通っています!

というわけで、イーストボーンの語学学校に通うならこのくらいの金額感っていうがわかってもらえたらいいかなぁと思って書いた記事でした。

 

オックスフォードとケンブリッジにショートトリップした際にも語学学校巡りをしているので金額感を同じくアップしたいと思います◎

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★

  

前編・語学学校に現地入学したお話

ワーホリビザだと学校を決めないで入国できるので現地入学が可能です。

最初の定住地を決めずにイギリスにやって来て、いくつかの都市に遊びに行ってからイーストボーンで3ヶ月学生に集中することを決めたわたくし。

イーストボーンに移動してきた翌日に早速学校見学に行ってきました。

 

入学するまでの流れ&(後編では)実際にイーストボーンで見に行った学校と金額をご紹介したいと思います◎

 

わたしは英語力ビギナー(入学時のクラスはpre-intermediate)で、ジェネラルイングリッシュコースの学校をホームステイ付きで探していました。

長い上に文字ばっかりの記事ですが、興味がある方はお付き合いくださいませ。

f:id:kozuenjoy:20180615013612p:plain

=========== 

◼️その1 どんな学校がどこにあるのか調べる

グーグルマップに「language school」と入れて検索!

合わせてグーグル検索もかけて、見学に行く学校のリストを作成。

もちろん日本語じゃなくて英語ページでの検索ね。

さくっと検索した時に出てこないような学校は避けた方がいいので、さくっとな。

オフィシャルでがっつり日本語サイトが用意されてる学校は日本人が多い可能性あるので、日本人少ないところがよければその辺も考慮してみるのもいいかも。

 

そして無駄なく回れるようにルートを決める。

イーストボーンは学校の数が少なく余裕で1日で回れる数でしたが、ロンドンとか大都市だと事前に場所や金額で絞って見に行くべきかと。

 

実際行ってみたら英語の学校じゃなかったとか、なかった(閉校?)ってこともあったので公式サイトを事前に見ておくのもおすすめ。

 

 

 

◼️その2 確認事項を決めておく

これは人によって大事なことが違うのでなんとも言えませんがわたしの場合は、

・立地(学校周辺の環境含め)

・雰囲気(広さ、フィーリング)

・今日本人が何人いるか(少ない方がいい)

・金額

以上4点は絶対に確認しておきたいことでした。 

 

料金を教えてもらうために決めておくのは

・どのくらいの期間通うのか

・コース(だいたいジェネラルイングリッシュと各検定用コースがある)

・滞在方法(寮など。ホームステイの場合はごはん何食かとか)

この3点は見積りを出してもらうのに必要なのでだいたいでも決めていきましょう。

 

 

◼️その3 とにかく直接行く

アポイントメント取ってから行くのがいいかなーなんて思ったけど電話する度胸がなかったので笑、とにかく直接お邪魔します。

 

だいたいの学校が英語が不得意な外国人&突然の来客に慣れてるはずのでそんなに心配することありません!

むしろここでの対応が悪いなら辞めた方がいい。

 

「わたしは語学学校を探していて、情報をもらえますか?」

とカタコトで伝えるとパンフレットくれて、どんなコースを検討しているか聞かれます。

で、答えると簡単に学校の説明してくれて金額を教えてくれます。

パンフレットの後ろの方に載っている料金ページを使って説明してくれたとこばかり。

学校で直接聞いたらパンフレットに載ってる金額より安くなったところもありました!

 

 

◼️その4 確認事項の確認

決めておいた確認を実際に確認しましょう。

英語に自信がないなら質問を英語で書いておくのもよいかと。

 

校舎見せてほしいっていうとほとんどの学校がざっくり案内してくれるので、せっかく現地に見に行ってるんだから見せてもらった方がお得!

1番簡単に雰囲気が掴める方法だと思います。

・校舎の清潔感

・図書館や自習室などの勉強環境

・放課後アクティビティが充実してそうか(生徒同士の交流が活発か)

・食堂の有無(小さな街なら学校周辺に買いに行く場所があるかも含めて)

・今いる生徒の年齢層、国籍

・スタッフや先生の雰囲気

なんかが分かると判断材料になるかと思います。

 

金曜日の午後は授業がない学校が多いので生徒があんまりいません。

雰囲気見たいんだったら月~木の午後一とかで行くのがいいかも。

お昼休みの終わりくらいを見られると生徒の雰囲気が分かりやすい。

 

聞きたいことが全部聞けたら、「考えてからまた来ます!」と伝えて帰ります。

2度目ですが向こうも慣れてるのでだいたいスムーズにいきます。

 

 

◼️その5 比較検討して、入学する

お家に帰ってから情報を整理して悩みましょう。日本のサイトやブログで口コミ情報なんかと検討してもいいんじゃないかな。

わたしの場合は最初の確認事項から、

・立地 :海に近いか、街の栄えてるところに近いか

・雰囲気 :フィーリング大事。自分が通ってるところを想像してみる

(・日本人の数 :どこも0~3人だったのでそんなに気にならず)

・金額 :ただ総額見るだけじゃなくて授業時間数や祝日も学校があるかなんかも見てみる

以上を総合的に考えて決めました。

 

決めたらパスポート(とBRPカード)を持って学校に行きます。(オンライン申込み出来るとこばっかりだけど直接行った方がわかんないとこ聞ける)

見学時に入学用フォームをくれるところもあるのでそしたらそれ記入して持っていく。

 

あとはスタッフさんの説明に沿って手続きを進めていけば手続き完了!

記入する内容もパスポートの情報や日本の住所なので簡単!

だいたいの語学学校が毎週月曜日が入学日なので好きな月曜日を選べばOK!

支払はクレジットカードに対応しているとこばかり!

支払証明や必要書類なんかをもらって、入学当日の流れを教えてもらって終了!

思ってたよりもあっさりと入学できちゃいました。

 

=========== 

以上がわたしが行った現地での入学手続きです。

突然入学したのでホームステイの手配が間に合わないってことで、ホームステイは1週間ずらしてのスタートとなりました。

 

木曜日にイーストボーンに到着して、

金曜日に学校見学に行って、

土日でどこの学校にするか決めて、

月曜日に入学手続きに行って、

次の月曜日に入学初日

その週の土曜日にホームステイスタート

という流れでした。

到着日の関係もあって手続きから入学まで待機期間(言うなればロスタイム)が1週間。

 

日本にいる間に学校を決めることのメリットは「時間を無駄にしないこと」

現地入りしてすぐに学校が始まったらその分勉強できる時間が長いし、

その分早く英語が上達するかもしれないので仕事が見つかるかもしれない。

ホームステイを選ぶなら、あたり外れはあれどもとりあえず家はあるのでホテル生活よりは節約ができる。

限られたワーホリ期間の中で1週間も無駄にしたくないっていう人には現地入学は向いてないと思います。

 

 

わたしの思う現地入学のメリットは

・雰囲気を直接確認できる

・謎の達成感がある(ひとりでできるもん感)

・たぶん1番安い

この3点なんじゃないかな。

雰囲気を確認してても先生との相性や同じ時期にいる生徒との出会いはご縁なので、それはどんな方法で入学しようが同じですけどね。

実際に通い出して、合わない!ってなっても「自分で見て決めたのになぁ」っていう腹の括り方?が出来るのでわたしはその方が好き。誰かのせいにできたら無駄にイライラしちゃう。

どこの学校も今やオンラインで申し込みが出来るのでわざわざ現地に行かなくてもエージェントに手数料払わずとも入学できるけどね。

でも直接行ったら安くなった学校もあったので、もしかしたら交渉できるとこやキャンペーンをやっているところもあるのかもしれない…!

 

=========== 

わたしは小さな規模の学校に決めまして、後日ロンドンの大手語学学校に通っている友達と話しててここが違うな思ったことは

・スピーキング、グラマー、ライティング等でそれぞれクラスが違う

・同じレベルで複数クラスがあるから先生と相性が合わなくてもクラスを変えられる

・桁違いの金持ちがいる

ってことでした。

 

わたしの学校はクラスは総合レベルで分かれていて1日を通じて同じクラスメイトと授業を受けます。なので自分から他のクラスと交流していかないと友達が増えない。

授業の内容も明確に「今はグラマーだけの授業!」っていうやり方ではないので学習方法にこだわりがあるなら、このあたりのクラス分けや授業内容も確認した方がいいかもしれません。

 

2つ目はわたしが通っている時期の問題もあるかもしれませんが、1つのレベルが1つのクラスしかないので先生との相性が悪いと逃げ場がありません。

頑張って上のクラスにあがるか、さげるかの選択肢。しんどい。

 

3つ目はただのおもしろ話。生活費の高いロンドンに、授業料の高い大手語学学校に通えるだけの経済力がある人が集まっているのでどえらい金持ち(もしくはその子ども)と同じクラスになることも。

以前ロンドンの大手学校に通っていた人が、友達がいなかったアラブの石油王の息子とひょんなことから仲良くなってダンヒルのスーツを買ってもらったっていう話を聞きました笑。

 

=========== 

どこの学校でも「夏(6月後半から8月いっぱい)はめちゃめちゃ混むから、今の時期(4月)に入学するのはオススメ」と言われました。

生徒も増えるし、先生たちはホリデー取るからテンポラリーの先生になったりするのでゆったり勉強したいなら夏は避けてもいいかもなと。

わたしは「人が増えるなら友達になれる人と出会える可能性高まるじゃん」なんて思っちゃうタイプ。

 

他に言われたのは、夏を迎えるまでにクラスのレベルを上げておくと人が多いわちゃわちゃの影響が少ないってことでした。

ほんとかよなんて思っちゃいましたが笑。

 

あとホストファミリーも足りなくなるから、夏からホームステイを始めるとはずれの確立が高まるかもしれないって。

(普段評価が悪くて生徒にあてがう優先順位が低い家庭も、数が足りないから仕方なく回すこともあるらしい)

夏の期間は料金が高くなるところもあるしね。

 

まぁ、時期なんて仕方ない問題だったりするのでそんなに深く考える必要はないと思いますが一応聞いた情報なので記しておきます◎

 

=========== 

長くなっちゃいましたが、語学学校に現地で入学してきたよっていうお話でした。

次回は実際にイーストボーンで見てきた学校を勝手に紹介するよ◎

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★

  

アート系・イーストボーンお気に入りカフェ

先日同じ学校の日本人のお友達がランチをしてたらイーストボーンに長く住んでいる日本人女性にばったりお会いして、

その方がこの駄ブログを読んでくださっているそうで、わたしと彼女が同じ学校とは知らずに「こずえって人、知ってる?」と訪ねたそうです。

もう驚きしかないよね。どなたか存じ上げませんが、是非お会いしたいです!

 

 

さて、今日も今日とて駄文を徒然更新しちゃうもんねっ!

今日はイーストボーンのアート系カフェ。

・THE ART HOUSE

・Urban Ground@towner art gallery

の2店舗を勝手にオススメ!

 

===================

駅近くの図書館からタウンホールに続く坂道の途中にある

THE ART HOUSE

 

f:id:kozuenjoy:20180605212701j:image

 

縦に長い店内はこんな感じ。
f:id:kozuenjoy:20180605212714j:image
f:id:kozuenjoy:20180605212646j:image

写真の右にちらっと写っているショーケースの中はヘルシーっぽい野菜たっぷりのメニュー!

数種類を選んでプレートにできたり、肉と一緒にラップサンドにしてくれたり。

ベジタリアンヴィーガンにも対応してるそうな。

そして安い!ロンドンで食べたら倍近くしそう。

 

さて、なにがアート系なのかというとワークショップが子ども向け・大人向けそれぞれ開催されてるのです!
f:id:kozuenjoy:20180605212651j:image

カウンターの黒板に情報が出てます。もちろんサイトからも確認できます。

陶芸や絵付け、お子様は粘土遊びやサンドアートなんかも出来るみたい。

 

店内の奥にはPottery painting(陶器絵付け用)のマグカップやオブジェが。

f:id:kozuenjoy:20180606010838j:image

 

サンプル?として子どもたちがやったであろう完成品が転がっていました。

f:id:kozuenjoy:20180606010842j:image

絵付けは予約なしでもできるみたいなので(予約が好ましいっぽいけど)今度挑戦しようかな!

イーストボーン滞在の思い出でも作ってみようかと。

 

わたしがこの前行った時はちびっこたちが愉快にお絵かきしてました。

ちびっこの手形取ってオブジェを作ったりもできるみたい。

 

◆店舗情報◆

THE ART HOUSE

http://thearthouse.info/index.html

34 Grove Road, Eastbourne, BN21 4TR

電源:パッと目につくところにはなし

wifi:あり

席数:16席ほど(ソファ席あり、テラス席なし)

定休日:ないっぽい

 

===================

続いては誰がなんと言おうとアート系。だってアートギャラリー内のカフェだもん。

Urban Ground@towner art gallery

 

f:id:kozuenjoy:20180610201040j:image

グランドフロアは無料の展示。

わたしが行った時はこんな感じでした。そうそう、ここで日本人のスタッフさんにお会いしました!

f:id:kozuenjoy:20180610201004j:image

現代芸術のギャラリーだそうで、ぱっと見た感じだといろんな切り口の展示をやっているみたいでどれもおもしろそう。

ギャラリー全体は結構大きくて、上の写真の無料展示エリアもゆったりとした空間。

Eric Raviliousさんの作品を多く所蔵していることもあって入口にあるギフトショップも可愛いアイテムが売ってました。

 

ここには最新作じゃないけど映画館もあって、ミートアップで知り合った地元のおばちゃん曰く座席の座り心地がいいそうな。

2ndフロアに上がるとカフェがあります。
f:id:kozuenjoy:20180610200952j:image

イーストボーンに他に2店舗あるカフェがギャラリーにも入ってるみたいです。

 

白い壁と大きな窓で開放的!
f:id:kozuenjoy:20180610201146j:image

天気がいい日だったのでバルコニー席が人気でした。

ギャラリーを見て、カフェで休憩という王道のまったりコースですな!

 

◆店舗情報◆

Urban Ground(towner art gallery)

http://www.townereastbourne.org.uk/

Devonshire Park, College Road ,Eastbourne, BN21 4JJ

電源:あり

wifi:あり

席数:45席ほど(ソファ&テラス席)

定休日:月曜&祝日

 

===================

Eastborneお気に入りカフェ可愛い系はこちらから。

 

他にも素敵なカフェや古きよきパブも紹介したいー!

が、滞在期間があと1か月を切ってしまったぁぁぁーー!

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★

  

イーストボーンからセブンシスターズ(バーリングギャップ)までの行き方

わたしが歩いて遊びに行ってきた時のレポートはこちら

 

よく写真でみるセブンシスターズはだいたいブライトン側からの眺め(セブンシスターズ国立公園を通って行くコース)で、

バーリングギャップ側からの眺めはちょっと地味です笑。

が、ビーチ―ヘッドをお天気に歩くのは最高に気持ちいいのでおすすめ!

てなわけで行き方をご紹介! 

 

 

======================

 ◆イーストボーンからセブンシスターズバーリングギャップ)までの行き方◆

f:id:kozuenjoy:20180601080926j:plain

タクシーとか車使うのが1番簡単で楽ですが、徒歩とバスでの行き方をご紹介します◎

バスはローカルバス、観光バス、日祝だけのバスが3種類あります。

 

===================

【歩いて行く場合】

1:まずは「The Kiosk」というカフェを目指す。(住所:Foyle Way, Eastbourne BN20 7XL)

 海沿いにしばらくプロムナードが続くのでそっちを通ってもいいし、海は見えないけど距離は少しだけ短い大通りを歩いてもよし。

 駅やピアからだと約30分の道のり。

 

2:目の前に広がる丘を登る。(急な坂道に見えるけど諦めないで!)

 歩道を進んでいくと「ビーチ―ヘッド」の案内板がたまに出てくるので見落とさずに進む。

 

3:そのまま草原コースを進んで灯台を目指してもいいし、ビーチ―ヘッドロードという

 車道沿いにあるビジターセンターやパブに寄ってもよし。

 

4:とにかく崖沿いに辿り着いたらひたすらまっすぐ進むとバーリングギャップに到着!

 帰りは同じ道を辿ってもいいし、バスで帰ってもよいかと。(帰りは後に記載してます)

 

=================== 

【バスで行く場合】

(2018年6月の情報です。わたしはバスで行っておらず、後から調べたものなので間違っていたらごめんなさい)

■ビーチ―ヘッド経由 その1(手前の草原から歩きたい場合)

イーストボーン駅前からローカルバス「3A」に乗って「Edensor Road」で降りる。

 (片道£2.7、往復£4.10)

 

・少し歩くと小高い丘が見えるので登る。

 

・徒歩で行く場合(上記)の「2」に繋がる。

 

(・その2(下記)の観光バスでも行けます。6番の「Foot Beachy Head」で降りる。)

 

 

■ビーチ―ヘッド経由 その2灯台付近から歩きたい場合)

イーストボーンピアの前から30分に1本出ているサイトシーイングバスに乗る。

 観光バスなだけあって各スポットに止まってくれます。

 大人1日£10で巡回しているバスに乗り放題。

 

・7番の「Beachy Head」で降りると徒歩で行く場合(上記)の「3」に繋がる。

 (・6番の「Foot Beachy Head」で降りると「その1」のバス停に近いところで降りられます)

 

・帰りもバス乗り放題なので9番の「Briling Gap」から乗車。

 

 

■直接バーリングギャップへ  その1

・上記同様にイーストボーンピアの前から30分に1本出ているサイトシーイングバスに乗る。

 

・9番の「Briling Gap」で降りる。帰りも同じところから乗る。

 

 

■直接バーリングギャップへ  その2

イーストボーン駅前からローカルバス「12」「12A」「12X」(ブライトン方向)に乗って「East Dean Garage」で降りる。

 

タイガーインの前を通って、大きな通りをひたすら約30分ほどまっすぐ歩くと到着!

 

 

■日曜・祝日に行く場合

・日祝だけローカルバスが出てます!本数わずか3本ですが。

 直接バーリングギャップとビーチ―ヘッド(パブと灯台両方)に止まります。

 駅前から「13X」に乗って「Birling Gap NT」で降りれば目の前!

 

・帰りは反対方向の13Xに乗って戻ってこられます。

 が、本数が少ないので帰りの時間に気を付けて!

 

 

=================== 

バーリングギャップからバスでイーストボーンに帰ってくる場合】

・最寄りのローカルバス停まで約30分程歩く。

 バーリングギャップの前の道をやってきた道と反対方向にひたすらまっすぐ進む。

 Eastoborne roadとGillberts Driveという道がぶつかるところにある「East Dean Garage」というバス停。

 「12X」「12A」(イーストボーン方向)に乗ると駅前に戻って来られます。

 

・観光バスで行くなら乗り放題なのでそのまま同じく観光バスで帰ってくるべし。

 1つのルートを巡回してるのでちょっと遠回りになっちゃうけどぐるっと回ってね。

 

・日祝は上記のローカルバスが出てます。

 バーリングギャップの2時間30分ほど滞在すれば次のバスが来る時間。

 待てないなら1つ目に記載しているバス停まで歩いて別のバスに乗るか。

 

===================

以上です!

うまいことまとめられなくってごちゃっとしちゃいましたが、

・観光バスが簡単

・どこからスタートしたいか(駅orビーチ―ヘッド手前orビーチ―ヘッドor直バーリングギャップ)

・何曜日に行くか(日祝だと選択肢が増える)

の3点から決めたらいいかなぁと思います!

 

 

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★

  

ビーチーヘッドとセブンシスターズへお散歩

Eastborne(イーストボーン)にいるなら行かなきゃ損損!ってことで

Beachy Head(ビーチ―ヘッド)とSeven sistersセブンシスターズ)に見に行ってきました。

(2か月前だけども!)

 

イーストボーン側からセブンシスターズを見るのに1番近いのはBirling Gapバーリングギャップ)という場所で、

今回わたしはゴールをバーリングギャップにしてイーストボーンピア周辺から歩いて行きました◎

f:id:kozuenjoy:20180609021210j:image

ひたすら海沿いを歩くコース。もちろん行き方は他にもありますので詳しくは次回まとめてご紹介しますね。

 

==================

そもそもセブンシスターズとはなんぞやと。

Seven Sisters Country Park Home|Heritage Coast(←セブンシスターズ国立公園の公式ページ)

 

ウィキペディア先生が言うには、「イングランド南部イースト・サセックス州にある白亜系チョークからなる海食崖である。」

イギリス国内でも有名な景勝地なのです。絶景ってやつです。

いろんな映画でロケに使われたりしてるんだって。

 

白い崖が半島風の7つの凹凸になっていて、海側から見ると7人のシスター(白いヴェールをかぶってる)のように見えるのでその名前が付いたとか。

ギリシャ神話から名前の由来が来ているとか、なんだかいろいろあるっぽいです。(雑)

 

チョークで出来ているので今でも年30センチほど浸食されていていつかは見られなくなる風景だそうな。

とにかくすごい景色だから見とけっていうことですね!(雑)

 

このあたりの記事も是非参考に。 

ロンドンから行く、夏の日帰りトリップー「セブンシスターズ」への旅 | ロンドンナビ

死ぬまでに行きたい絶景inイギリス!セブンシスターズを大紹介

イギリスの絶景「セブンシスターズ」への行き方と4つのルートを紹介します / London, Brighton, Eastbourne - THE LITTLE ESCAPE

 

===================

てなわけで、まずはイーストボーンの街からビーチ―ヘッドを目指して進みます!

 

街を離れると割とすぐに草原が広がります。上図のグーグルマップで見ると緑色になってるあたりから。

このあたりからは丘?崖?を登るのでしばらくするとイーストボーンの街が見下ろせます。

f:id:kozuenjoy:20180610195416j:plain

わかりにくいけど左側中央に細かく広がっているのが街。

 

 

しばらくすると海沿い(崖沿い)に出てきます。

約160mの高さの崖の上を海沿いに歩いて行くコース。

青い空、白い崖、青い海、緑の草原、遠くに見える街、RPG感がすごい。
f:id:kozuenjoy:20180601080746j:image

田舎慣れしてないからか、草原の広がり具合も結構なインパクト。

なんもない空間がただ広がってるのって気持ちいい!!!

 

 

イーストボーンのピアから徒歩約1時間30分程でビーチ―ヘッドパブ&インに到着。

ここでちょいと休憩してもいいかも。

隣にはビジターセンターがあって、なかなかに年季の入った展示の人形と一緒に歴史が学べます笑。お土産屋も売ってるよ。

f:id:kozuenjoy:20180610195816j:plain

 

 

そしてこのあたりから広がる景色は…

f:id:kozuenjoy:20180601080742j:image

羊!羊!羊!!!

隣町のBrighton(ブライトン)からバスや電車で移動する時にも見られる風景で、何度見ても割とびっくりする。

 

 

 

 

そこから数分歩いてすぐに見えるのが灯台Beachy Head Lighthouse

 f:id:kozuenjoy:20180601080750j:image

うまいこと写真が撮れなかったんだけど崖下の海に灯台が立っているのは伝わるかと笑。

昔は崖の上にあったんだけど、ご存知の通り今まで歩いてきたこの白い崖はチョークで出来ていて年々浸食されていることもあって

今から約120年前に崖の下(海側)に作り直されたんだそうな。

 

こりゃ絶対自殺スポットだなと思って調べたらやっぱりそうでした。

イギリスの東尋坊ですね。年間の自殺者数はどちらも約20人だそうです。

記念撮影中に落下しちゃったっていうニュースもありました。

 

別の日にこの灯台を海側から見上げてきたので(ビーチ―ヘッドウォーク)そのお話も後日。

ビーチ―ヘッドでランニングしたり自転車で走ったり、乗馬のアクティビティもあるみたいです。(Walking and Hiking - Beachy HeadBeachy Head

 

 

さて、灯台を見てからもひたすら崖沿いに進みます。ぐんぐんと。

振り返ると遠くに小さく灯台が。

f:id:kozuenjoy:20180601080934j:image

 

さらにぐんぐん進んでいくと、今度は崖の上にある灯台に辿り着きます。

名前はBelle Tout lighthouse

f:id:kozuenjoy:20180610020614j:plain

(写真公式サイトからお借りしてます)

ここが昔使っていた灯台なんだって。そしてなんと今は泊まれる!

中に入らなくても外の売店でアイスクリームや飲み物を売ってるのでここでまた休憩するのもあり。

 

 

現役の灯台(海の下の方)からさらに小一時間ほど歩くとバーリングギャップへ到着!

奥に見えているのがセブンシスターズ
f:id:kozuenjoy:20180601080926j:image

こちら側から見るとガイドブックとかで見ていた風景とは違ってなんか地味!!

(ブライトン側からの眺めがよく見るやつ) 

 

でもどどーんと広がる白い崖は実際に見るとそこそこ迫力あります。

ちなみにこのビーチ、写真で説明すると奥の方(セブンシスターズに向かって行く方向)は夏場はヌーディストビーチで有名だそうです。

 

 

今までずっと崖の上を歩いてきたので、ようやく崖を近くでみることができました。
f:id:kozuenjoy:20180601080951j:image

疑ってたわけではありませんが本当にチョークで出来てた!

指でなでると粉がつきます。こんな簡単に削れるなんて!

f:id:kozuenjoy:20180610195947j:plain

イギリスの水にはこれが微量含まれてるので水回りがダメになりやすいんだって。

電気ケトルの底とかしばらく使ってると結構びっしり白い塊がつきます。

わたしがお世話になったお家ではシンクで食器洗った後とか、お風呂の後は水滴を全部拭ってました。ダメージのスピードを少しでも遅くするためだって。

 

チョークなんでこんな感じで小石に落書きができます。
f:id:kozuenjoy:20180601080941j:image

 

 

バーリングギャップはナショナルトラストが管理している場所で、ビジターセンターと一緒にカフェもあります。

f:id:kozuenjoy:20180601080931j:image

結構広々としたカフェでテラス席からを見下ろすことができました。wifiも使えるよ!

(わたしはgiffgaffユーザーで、今回の大草原をお散歩中は電波が入らないところも多々ありました)

 

可愛いクッキーが売っていたのでお外のヒツジと記念撮影。

f:id:kozuenjoy:20180601080843j:plain

ちょっと街を離れるとヒツジ。海に行けばカモメ。

イーストボーンはそんな街。

 

==================

帰りは疲れちゃったのでバスで帰ってきました。

といってもバーリングギャップから最寄バス停まで徒歩30分ほど。遠いぜちくしょう!

 

途中には「The Tiger Inn 」という歴史のあるインがありました。

f:id:kozuenjoy:20180611024852j:plain(写真は公式サイトから引用してます)

イーストディーンという街になるそうです。今回は行かなかったけどここも気になるなぁ。15世紀からあるんだって。

伝統的なパブ料理が食べられることでも有名みたい。

 

 

==================

そんなこんなでビーチ―ヘッドからのバーリングギャップ、天気がよかったこともあってめちゃめちゃ気持ちいいウォーキング!

1人でゆったり歩いて、気ままに休憩して、イーストボーン駅に戻ってくるまで約4時間のコースでした。

 

視界を遮るものがなにもないだだっ広い牧草地を、柵なんてない崖沿いに海を見下ろしながら歩くという素晴らしい体験が出来るのでおすすめ◎

青、緑、白の色のコントラストが目に優しくて、吹き抜ける風を全身に感じながらのお散歩は大自然を大満喫!

 

 

今度はブライトン側から国立公園を歩くコースでセブンシスターズを眺めたいなぁー!

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★