ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!2018年3月22日からイギリス生活送ってます◎

薬はなにを持って行けばいいの?

わたしは健康優良児ってわけではないけど、

風邪は1年に1回引いたら多いほうだし(まさにバカはなんちゃらってやつ)

持病もないし冷え性と便秘くらい)

目もいいし(視力1.5くらいある)

服薬しているものはないし(毎年花粉症ギリギリ)

大きな怪我をしたこともないもんで今回の渡英にあたって、どんな薬を持って行くべきか迷っちゃいました。

コンタクトレンズと服薬してるものがある人は準備別途必要ですね。

 

 

薬は持って行った方がいいかなぁとは思ってましたよ。

西洋人とは体のつくりが違うのは一目瞭然だし(たまに極寒の中半袖でいたりするじゃん?我々とは肌の構造が違うんだってよ)

風邪くらいじゃ病院に行かないっていうのは聞いてましたからね。(正確に言うと風邪で病院いっても2週間待ちとかザラ)

 

 

てことで薬箱を家に常備しておく気持ちで一式を買いそろえることに。

とりあえず薬局に行って薬剤師さんに相談。

「イギリスに2年行くことになりまして、ほぼなにも持ってなくて薬箱揃える感じで何買ったらいいですか?」

というバカ丸出しの質問に

「イギリスに住んでる薬剤師にあっちならではのこともあるから聞いてみようか」

と真っ先に返してくれて、信頼できるおっちゃんだと確信。

 

そんなたいそうなもんじゃないのでとお断りして、一緒に薬を選んでゆきました。

薬剤師のおっちゃんがオススメしてくれた「薬箱を作るなら必要な一式」を記しておきます。

具体的にどんな商品がいいのかは好みや相性だと思うので割愛。

おっちゃんからのアドバイスも書いておきます。

 

===============

【風邪系】

・葛根湯 (やばいと思ったらすぐお湯で飲め)

・風邪薬 (市販のはどれもそんな変わらないから好きなの)

・のど飴 (医薬品で。舐めすぎると頭クラクラするから注意)

・粉末ポカリスウェット (風邪引いたら水分補給は鉄則)

・体温計 (ひとつの基準になるから)

 

【お腹系】

・胃腸薬 (強めの痛み止め飲むなら一緒に飲めるやつ)

・便秘薬 (生活環境変わるなら一応)

・下痢止め (他の国に旅行するなら特に)

 

【痛み止め系】

・痛み止め (市販薬なら薬剤師いないと買えないやつがおすすめ)

・乗り物酔い止め (海外運転荒いらしいから)

・湿布 (温&冷。使い分けはお風呂に使った時楽になるなら温)

・痛み止め湿布 (持っておくと便利)

・虫刺され、かゆみ止め軟膏 (じんましんとかも使える)

・怪我、やけど用軟膏 (すぐ使えることが大事)

 

【その他】

・バンドエイド (日本の方が安くて高品質っぽい)

・冷えピタ系 (冷湿布としても使える)

・ガーゼ、テーピング系 (けが用に)

・消毒薬 (かすり傷はぶっかけたらだいたい治る)

 

===============

現地調達できるものもたくさん含まれていますが(実際買ってないものある)今回のテーマは「薬箱を作る」なので一応全部書いておきました。

わたしは約9,000円、薬の買い出しにかかりました。

 

おっちゃんはなぜか正露丸とオロナインはけちょんけちょんにしてました。

その2つ実家では絶対に家に置いてたやつー笑!そして持ってきたけどな!

 

虫刺され系の薬は現地で買った方がいいと思うのよね。現地の虫だろうし。

乗り物酔いや生理痛の薬など人によっては必要あるものないものもあるでしょう。

わたしは乗り物酔い止めは長距離2階建てバスの2階乗った時必要になりました…!(普段そんなに酔わないのに)

 

 

 

おっちゃんのアドバイスは一見解なので、ネットには他にもこんなページがたくさんあるのでご参考に。


 

 

わたしは外箱はかさばるので写真を撮って保存。(用法容量が書かれてるからね)

ジップロックに分けてこんな感じで持ってきました。

f:id:kozuenjoy:20180412215421j:plain

地味にかさばってるんだよなぁこれが。 

ひとり暮らししてた時でもこんなにちゃんと揃えて持ってたことない笑。

でも安心感はあるから買ってよかったかな。今のところは未活躍です。

 

 

日本とは医薬法が違うので、日本にない薬もあれば日本にしかない薬もあるわけで。

わたしはアメリカ旅行の際には必ず某痛み止めを購入してました。

アメリカでは市販薬だけど日本では強いってことで処方箋がないと買えない成分が入ってるやつらしい。

はじめて飲む薬は少量から(半分にしたり)飲んだ方がいいんですってよ。

 

 

そんなわけでお薬の話でした。

健康大事!!!

 

※再度になりますがわたしは「一般的な常備しておく薬箱を作るなら」という視点で集めた情報ですので薬を大量に持ち込む必要がある、現地で処方してもらう必要があったりする場合はご自身でよーく確認してくださいね。

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★