ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!2018年3月22日からイギリス生活送ってます◎

イギリス最初の宿はAirbnbで取ったお話

渡英123日前のプラン通り、わたしは最初にイギリス入りして2週間はロンドンにいて、その間にいくつか別の街にも足を運んでみて居住地を決めました。

その話は追々書いていくとして、今日はその最初の2週間滞在していたAirbnbのお話。

 

Airbnb」だいぶ周りでも利用している友達も増えてきたけどわたしは使ったことがありませんでした。

アカウントは持ってたんだけどなんでか使うタイミングがなかったんだよね。

www.airbnb.jp

 

 

ロンドンはご存じのとおりホテルが高い!

ホステルやドミトリーに抵抗は全くないんだけど、長めの滞在だし個室がよかったのでようやく使ってみることに。

同じくらいの金額で泊まれるんだったら圧倒的に個室がいい…!

 

 

予約したのは出発2か月ちょっと前。

ロンドン北西、zone2・Kilburn駅周辺のお家の1室。写真で見るとかわいくて素敵なお家。

f:id:kozuenjoy:20180410231631j:plain

宿泊する部屋はとても狭くて荷物は部屋内には広げられないくらいだとのこと。でもリビングもキッチンも自由に使っていいってことだったので決めました。

評価もレビューもよかった!

9泊で31,250円なので1泊3,500円くらい。

 

でもこれが出発1か月前にキャンセルとなってしまったのです。がーん。

お母様が病気なされてお家に迎えないといけなくなっちゃったそうです。

5泊だけだったら無料でいいよって言ってくださったのですが、もうちょっと長くロンドンにいたいなと思い始めてたのと移動が面倒だったのでお断りしました。

 

もちろん全額返ってきましたので、予約し直し!

出発2か月前に探した時より減ってました…!期間を14泊に延ばしたことによってイースターホリデーにどんかぶりだったもんで。

 

見つけたのはロンドン東、zone2・Mile End駅から徒歩5分ちょっとの1室。

f:id:kozuenjoy:20180426020048p:plain

 

初めて部屋を貸し出すようでレビュー0件だったけど、もういいやと思って賭けてみました。

最初誰かとダブルブッキングされちゃったようでお互い「え!?どうなってんの!?」となりましたが、無事に解決してここに14泊滞在しましたー!

 

 

マイルエンドの治安がちょっと悪いと聞いていたので不安でしたが全く無問題!

(ホワイトチャペルとボウに挟まれているからかしら。でもわたしは両方ともそっこまで危ないと思わなかったな。竹ノ塚出身だからかな。)

ロンドン警視庁が治安についてのマップを公開してるのでこちらも参考に。

 

大きな大学があって、大学の目の前には綺麗な学生寮が。

整備された公園も川もあってのどかな街だなぁと思いましたよ。

Tubeは3線(セントラル、ディストリクト、ハマースミスアンドシティー)が使えるし、

バスでSOHOまで1本。ナイトバスも通っているので交通の便はなかなか良いかと。

あとから聞いた話だと大きなスーパーがないのが欠点らしい。

 

 

滞在したところは大きな通りから少しだけ入った川沿いの家の1室。

一軒家を何人かでシェアしているようでした。たぶん大家さんも同居してるっぽい。

 

部屋も共有のキッチン・シャワー・トイレもすべて1階で、2階には足を踏み入れてないので何部屋あるのか確認できず。

韓国の女の子と、中国人カップルとは挨拶しました。みんな近くの大学生だった。

 

 

 

日本を出発する前にAirbnb内のメッセージで「今から24時間後にヒースローに着くよ」と送ったら

「わたしは旅行中だから友達が待ってるから!」とその友達の電話番号が送られてきました。

「お前はいないんかーい!」と不安を抱えつつ(その時初めていないこと知った)、ヒースロー空港に到着してそのお友達に連絡。

ワッツアップで連絡を取りつつ、最寄り駅まで迎えに来てくれました!女神!

くそ重たい荷物も持ってくれて大感謝。

部屋の持ち主も学生で旅行中に1か月ほど行っててその間にAirbnbに出したみたい。

 

 

迎えに来てくれた彼女が可愛くてめちゃめちゃいい子で本当にほっとしました。部屋の使い方をいろいろ教えてくれた後、ちょっとお話してくれました。

残念ながら言ってることの6割程度しか聞き取れなかったんだけど…

どっかに住んでて(しょっぱなから聞けてない笑)わたしが到着する前の2週間、この部屋にいてロンドン観光をしてたそうな。

可愛いなぁと思ってたらモデルさんもしているらしい。

f:id:kozuenjoy:20180426022032j:plain

わたしのイギリスでの最初のお友達になってくれました◎

お互い写真が好きなのでワッツアップで送りあったりしてます。

 

 

さてお部屋はというとこんな感じ。

f:id:kozuenjoy:20180426020900j:image

部屋の際まで行って引きで撮ってこれってことは狭さ感じ取っていただけますでしょうか。

ベッドがあって、机があって、スーツケースを広げたら足の踏み場はほぼありません。ドアが開けられるスペースが残ってるくらいかな。

f:id:kozuenjoy:20180426022124j:plain

持ち主の私物がガンガン残されてます笑。

 

玄関入ってすぐの部屋なので人の出入りがダイレクトに伝わってくる。

金曜夜は結構深夜にガチャガチャしてました。 

部屋の目の前にトイレとシャワー。

2階にもシャワー・トイレがあるみたいで、1階のものは実質1階の部屋用かな。

最悪素っ裸でも行き来できる。

 

 

共有のキッチン。

食器やフライパンが多すぎるほどあった割にマグカップが全然なかった笑。

f:id:kozuenjoy:20180426022150j:plain

 

家の目の前の川。だいたいいつも誰か走ってるか犬の散歩してるか。

f:id:kozuenjoy:20180426021003j:image

 

これを下っていくとテムズ川に繋がっているって。

ここはライムハウスっていう船着き場。よき散歩コースでした。

f:id:kozuenjoy:20180426021212j:plain

 

 

お家の共有スペースには週1回清掃が入るみたいで清潔。

大家さんの荷物が多いみたいで廊下や裏庭に結構雑然と置いてあって片付いてない感はあったかな。

シェアメイトも変な人はいなかったし、うるさい人もいなかったです。

ちゃんと部屋を又貸ししていることを説明してたようでなんにも言われなかったし。(これ部屋の状況把握した後1番不安だった)

部屋主もちょこちょこ「わからないことがあったら聞いてね」と連絡くれたし、最後までなんのトラブルもなく滞在を終えました。

チェックアウトする時に初めて部屋の持ち主と会えましたー!

 

 

================ 

さてこんな感じで14泊で43,995円。1泊3,150円くらい。

今後の参考にしたいってことでこの部屋の家賃を聞いたら教えてくれました!

週£140、月だと£520ってことなので月78,000円くらいね。

わたしが日本でひとりで住んでいた北参道の家の家賃がそんなもんでしたのでやっぱりロンドンの家賃は高いね…!

ちなみに彼女はまた夏に旅行に行くらしいので借りることもできるみたい。

 

 

そんなわけでわたしの初Airbnbは当たりでした!ラッキー!

お部屋は狭かったけどこれがロンドンで暮らすリアルなんだってことも体感出来たし、マイルエンドも気に入ったし!

 

今度は嘘みたいな豪邸にAirbnb使って宿泊してみたいなぁー!

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★