ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。年齢制限ギリギリのワーホリで「ギリホリ」ちゃん。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!(2018年3月22日渡英)

カムデンタウンにいってきた

イギリスワーホリ生活をスタートさせたわたしが3日目に向かったのはカムデンタウン

(もう1か月以上前の話を今さら書いてみてる) 

 

 

2017年末に東京で交流会を開催した時に出会った女の子と一緒に行きました◎

comden townは東京でいうと下北沢と称される街だそうで。パンクの街とも言われてるらしい。

駅を降りてちょっと歩いてなんとなく納得。

f:id:kozuenjoy:20180429105825j:image

 

カムデンは今のわたしの課題曲のValerieを歌っているAmy Winehouseが住んでいた街としても有名だそうです。

(なんで課題曲かっていうのはカラオケナイトに行ってきたからなんですねー)

ブルーノマーズバージョンの動画をペタリ。

 

駅からの大きな通りにはいまどき韓国でもないぞっていうくらいパチモンが堂々と売られてたのが印象的笑。

f:id:kozuenjoy:20180514035848j:image

 

 

「カムデンマーケット」っていうのはカムデンにいくつかあるマーケットの総称で、

駅から賑やかな大通りを歩いていくとCamden Lock(カムデンロック)に到着。

f:id:kozuenjoy:20180514035830j:image

運河沿いにあって船が行き来しているのを見ることもできました。

 

カムデンロックを奥に進んでいくと古い建物が素敵な雰囲気を醸し出しているステーブルズ・マーケット(Stables Market)に繋がっています。

元々は馬の病院だったそうで馬のモチーフが様々なところにありました。

 

f:id:kozuenjoy:20180429105835j:image

雰囲気が分かる写真全然撮れなかったけど笑。

 

カムデンロックからステーブルズマーケットには洋服もあり、アンティークもあり、手作りもあり、いろんな国の雑貨があり。

カフェや屋台もたくさんあって食べ歩きの街でもあるそうな。

お店の雰囲気もいろいろで見ているだけでも楽しい!

お土産っぽいものも買えるしおのぼりさんにはぴったりの観光地だと思います。

f:id:kozuenjoy:20180429105845j:image

 

ちなみにカムデンタウン、昨年度の「おとなの基礎英語」ロンドン編でのキーパーソンがアクセサリーショップを営んでいたというエリアです。

なるほど。ここで夢を求めるクリエーターがお店を出すのも納得。

 

 

 

今回は住む場所も決まっていないのにモノ増やしてもなと思ってなにも買いませんでした。ぐぬぬ

見ると欲しくなっちゃうのでさくっとマーケットを回ってきただけなので紹介できるような情報もなにもありません笑。

というわけで今回も人様の記事をペタリ。

 

================

そしてこの日はイギリスに来てから初めてのパブでフィッシュアンドチップス!

パブ初心者にも入りやすいオープンな雰囲気のお店でした。

f:id:kozuenjoy:20180429105854j:image

サイダーと一緒にね☆おのぼりさん感あっていい!! 

 

 

そんなわけで絶対に奥深いサブカルの街「カムデンタウン」をさくっと表面だけ楽しんできました◎

東京だと下北沢、原宿、高円寺、上野を足して4で割った感じかなぁ。

食、買い物、音楽の街だそうで。

 

また行きたいー!次はいろいろ食べるぞー!

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★