ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。年齢制限ギリギリのワーホリで「ギリホリ」ちゃん。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!(2018年3月22日渡英)

オリンピック公園に辿り着いた

先日書いた記事

大型ショッピングモールには借りてた部屋から散歩を兼ねて歩いて行きました◎

滞在していたmile endから小一時間。

 

グーグル先生の言う通りに歩いてたら途中で廃墟にたくさん出くわす。

f:id:kozuenjoy:20180426042404j:plain

 

「おい、本当にこの道歩かせるのかよ」っていうような瞬間もありながらふらふらと散歩していると

London stadium(ロンドンスタジアム)に辿り着きました。

f:id:kozuenjoy:20180426042442j:plain

2012年ロンドンオリンピックパラリンピックの際のメイン競技場だったそうな。

当時絶好調で働いてたので1秒もオリンピック見なかったなぁ…

開会式だか閉会式が(両方か?)イギリスらしい演出で話題になってたことをぼんやり今思い出してる…

 

こちらのスタジアム、オリンピック当時収容人数8万人でかなりのでかさだと思いきや(東京ドームは5.5万人)、

今は座席が整備された関係で収容人数6.6万人でイギリス内では今は6番目の大きさなんだって。(1位はウェンブリースタジアムで9万人!)

さすがフットボールラグビー大国。

 

 

もちろんライブ会場やイベント会場としても使われているそうな。

わたしが通りかかった日はラグビーの試合がやってました!

Saracens(サラセンズ)対 Harlequins(ハリクインズ)

スポーツ全般さっぱりわかりませんが、なんだか盛り上がってた!

 

 

 

 

 

このスタジアムを取り囲む一帯がQueen Elizabeth Olympic Parkとなっていて、今も公園内では新しいエリアが作られていました。

 

ロンドンオリンピックでは誘致の段階から「レガシー」を目標に掲げていて、利用したエリアを今後の生活や観光に繋げていく計画だそうな。

ロンドン東エリアの貧困地区に巨額投資をかけるにはオリンピック招致しかないって理由もあって始まった計画で、なんとか招致に成功して今もなお再開発されているエリア。

 

 

 

 

オリンピック当時は選手村や各国の報道基地がここにあったんだって。

このエリアに人がぎっしりいることを想像すると圧巻!

 

オリンピック後廃墟になったスタジアムがいくつもあるという話をニュースで見たこともあるので、ここのスタジアム・公園は現状では進化し続けているように素人からは見えました。

わたしが見た段階でもオリンピック当時の状態からは様々な部分が改修されているようです。

 

 

スタジアムの横にそびえ立つのはパブリックアートであり、展望台であり、スライダーでもあるというARCELORMITTAL ORBITアルセロール・ミッタル・オービット)

f:id:kozuenjoy:20180426042520j:plain

近くまでは行かなかったのでスライダーだったの知らなかったー!

建設当時はただのタワーであとから滑り台がはりめぐらされたんだって。

楽しそう!ロンドン観光にお得なLONDON PASSの対象にもなってるって。

f:id:kozuenjoy:20180526055257j:plain

これももちろんオリンピックに合わせて作られていて、今も記念として残されてるとのこと。

イギリス一の大富豪ラクシュミー・ミッタルさんが建設費のほとんどを出していて、彼の名前が冠されてるんだって。

かなり複雑な作りで建設にはものすごい緻密な計算と計画が必要だったそうな。そりゃそうだ。

デザインの決定段階やアートとしての価値についてはいろいろとしょうもなさそうな話があるみたいなので参考記事をぺたり。

アルセロール・ミッタル・オービット - Wikipedia

アルセロールミッタル・オービットを サーチ!サーチ!サーチ! 「サーチ!サーチ!サーチ!」

アルセロール・ミッタル・オービットの秘密 | カレイドスコープ

 

 

 

 

 

前述の通り、このストラトフォードエリアはオリンピックをきっかけに再開発地域。

元々はゴミ収集場のようなエリアでそれもあって治安も悪かったそうな。

わたしが歩いて向かってた時に見た「おい廃墟かよ」っていう感想は当たってたようです。

 

2012年のオリンピックはロンドンでの3度目の開催で、過去2回は西側で開催されたこともあって今回は東側。

このあたりが再開発されたことによってロンドン東側エリアの治安は改善されつつあるらしい。

先日書いたような大型ショッピングモールもあり(オリンピック招致とほぼ同タイミングで建設が決まってたみたい)、周辺は新しくフラットがたくさん作られていました。

f:id:kozuenjoy:20180426042743j:plain

(ゴリゴリ再開発中の様子)

今後はこのエリアをイギリスのシリコンバレーにしたいっていう計画で進んでいるらしいよ。

 

今回の参照記事たち

 

 

 

 

ロンドン中心部までそんなに遠くないところにこんな場所があるなんてちょっと驚きだったなぁ。

渡英4日目に訪れた場所としてはなかなか渋いチョイスだったんじゃないかと思います。

 

 

2年後には東京オリンピックが開催されることもありさくっと調べただけでもなかなか興味深いですな!(そして深くは調べない)

わたしのビザは2020年3月20日に切れるので、オリンピック開催の夏には日本にいることでしょう。

さぁて、なにしてるんだろうなぁ。

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★