ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!2018年3月22日からイギリス生活送ってます◎

ビーチーヘッドとセブンシスターズへお散歩

Eastborne(イーストボーン)にいるなら行かなきゃ損損!ってことで

Beachy Head(ビーチ―ヘッド)とSeven sistersセブンシスターズ)に見に行ってきました。

(2か月前だけども!)

 

イーストボーン側からセブンシスターズを見るのに1番近いのはBirling Gapバーリングギャップ)という場所で、

今回わたしはゴールをバーリングギャップにしてイーストボーンピア周辺から歩いて行きました◎

f:id:kozuenjoy:20180609021210j:image

ひたすら海沿いを歩くコース。もちろん行き方は他にもありますので詳しくは次回まとめてご紹介しますね。

 

==================

そもそもセブンシスターズとはなんぞやと。

Seven Sisters Country Park Home|Heritage Coast(←セブンシスターズ国立公園の公式ページ)

 

ウィキペディア先生が言うには、「イングランド南部イースト・サセックス州にある白亜系チョークからなる海食崖である。」

イギリス国内でも有名な景勝地なのです。絶景ってやつです。

いろんな映画でロケに使われたりしてるんだって。

 

白い崖が半島風の7つの凹凸になっていて、海側から見ると7人のシスター(白いヴェールをかぶってる)のように見えるのでその名前が付いたとか。

ギリシャ神話から名前の由来が来ているとか、なんだかいろいろあるっぽいです。(雑)

 

チョークで出来ているので今でも年30センチほど浸食されていていつかは見られなくなる風景だそうな。

とにかくすごい景色だから見とけっていうことですね!(雑)

 

このあたりの記事も是非参考に。 

ロンドンから行く、夏の日帰りトリップー「セブンシスターズ」への旅 | ロンドンナビ

死ぬまでに行きたい絶景inイギリス!セブンシスターズを大紹介

イギリスの絶景「セブンシスターズ」への行き方と4つのルートを紹介します / London, Brighton, Eastbourne - THE LITTLE ESCAPE

 

===================

てなわけで、まずはイーストボーンの街からビーチ―ヘッドを目指して進みます!

 

街を離れると割とすぐに草原が広がります。上図のグーグルマップで見ると緑色になってるあたりから。

このあたりからは丘?崖?を登るのでしばらくするとイーストボーンの街が見下ろせます。

f:id:kozuenjoy:20180610195416j:plain

わかりにくいけど左側中央に細かく広がっているのが街。

 

 

しばらくすると海沿い(崖沿い)に出てきます。

約160mの高さの崖の上を海沿いに歩いて行くコース。

青い空、白い崖、青い海、緑の草原、遠くに見える街、RPG感がすごい。
f:id:kozuenjoy:20180601080746j:image

田舎慣れしてないからか、草原の広がり具合も結構なインパクト。

なんもない空間がただ広がってるのって気持ちいい!!!

 

 

イーストボーンのピアから徒歩約1時間30分程でビーチ―ヘッドパブ&インに到着。

ここでちょいと休憩してもいいかも。

隣にはビジターセンターがあって、なかなかに年季の入った展示の人形と一緒に歴史が学べます笑。お土産屋も売ってるよ。

f:id:kozuenjoy:20180610195816j:plain

 

 

そしてこのあたりから広がる景色は…

f:id:kozuenjoy:20180601080742j:image

羊!羊!羊!!!

隣町のBrighton(ブライトン)からバスや電車で移動する時にも見られる風景で、何度見ても割とびっくりする。

 

 

 

 

そこから数分歩いてすぐに見えるのが灯台Beachy Head Lighthouse

 f:id:kozuenjoy:20180601080750j:image

うまいこと写真が撮れなかったんだけど崖下の海に灯台が立っているのは伝わるかと笑。

昔は崖の上にあったんだけど、ご存知の通り今まで歩いてきたこの白い崖はチョークで出来ていて年々浸食されていることもあって

今から約120年前に崖の下(海側)に作り直されたんだそうな。

 

こりゃ絶対自殺スポットだなと思って調べたらやっぱりそうでした。

イギリスの東尋坊ですね。年間の自殺者数はどちらも約20人だそうです。

記念撮影中に落下しちゃったっていうニュースもありました。

 

別の日にこの灯台を海側から見上げてきたので(ビーチ―ヘッドウォーク)そのお話も後日。

ビーチ―ヘッドでランニングしたり自転車で走ったり、乗馬のアクティビティもあるみたいです。(Walking and Hiking - Beachy HeadBeachy Head

 

 

さて、灯台を見てからもひたすら崖沿いに進みます。ぐんぐんと。

振り返ると遠くに小さく灯台が。

f:id:kozuenjoy:20180601080934j:image

 

さらにぐんぐん進んでいくと、今度は崖の上にある灯台に辿り着きます。

名前はBelle Tout lighthouse

f:id:kozuenjoy:20180610020614j:plain

(写真公式サイトからお借りしてます)

ここが昔使っていた灯台なんだって。そしてなんと今は泊まれる!

中に入らなくても外の売店でアイスクリームや飲み物を売ってるのでここでまた休憩するのもあり。

 

 

現役の灯台(海の下の方)からさらに小一時間ほど歩くとバーリングギャップへ到着!

奥に見えているのがセブンシスターズ
f:id:kozuenjoy:20180601080926j:image

こちら側から見るとガイドブックとかで見ていた風景とは違ってなんか地味!!

(ブライトン側からの眺めがよく見るやつ) 

 

でもどどーんと広がる白い崖は実際に見るとそこそこ迫力あります。

ちなみにこのビーチ、写真で説明すると奥の方(セブンシスターズに向かって行く方向)は夏場はヌーディストビーチで有名だそうです。

 

 

今までずっと崖の上を歩いてきたので、ようやく崖を近くでみることができました。
f:id:kozuenjoy:20180601080951j:image

疑ってたわけではありませんが本当にチョークで出来てた!

指でなでると粉がつきます。こんな簡単に削れるなんて!

f:id:kozuenjoy:20180610195947j:plain

イギリスの水にはこれが微量含まれてるので水回りがダメになりやすいんだって。

電気ケトルの底とかしばらく使ってると結構びっしり白い塊がつきます。

わたしがお世話になったお家ではシンクで食器洗った後とか、お風呂の後は水滴を全部拭ってました。ダメージのスピードを少しでも遅くするためだって。

 

チョークなんでこんな感じで小石に落書きができます。
f:id:kozuenjoy:20180601080941j:image

 

 

バーリングギャップはナショナルトラストが管理している場所で、ビジターセンターと一緒にカフェもあります。

f:id:kozuenjoy:20180601080931j:image

結構広々としたカフェでテラス席からを見下ろすことができました。wifiも使えるよ!

(わたしはgiffgaffユーザーで、今回の大草原をお散歩中は電波が入らないところも多々ありました)

 

可愛いクッキーが売っていたのでお外のヒツジと記念撮影。

f:id:kozuenjoy:20180601080843j:plain

ちょっと街を離れるとヒツジ。海に行けばカモメ。

イーストボーンはそんな街。

 

==================

帰りは疲れちゃったのでバスで帰ってきました。

といってもバーリングギャップから最寄バス停まで徒歩30分ほど。遠いぜちくしょう!

 

途中には「The Tiger Inn 」という歴史のあるインがありました。

f:id:kozuenjoy:20180611024852j:plain(写真は公式サイトから引用してます)

イーストディーンという街になるそうです。今回は行かなかったけどここも気になるなぁ。15世紀からあるんだって。

伝統的なパブ料理が食べられることでも有名みたい。

 

 

==================

そんなこんなでビーチ―ヘッドからのバーリングギャップ、天気がよかったこともあってめちゃめちゃ気持ちいいウォーキング!

1人でゆったり歩いて、気ままに休憩して、イーストボーン駅に戻ってくるまで約4時間のコースでした。

 

視界を遮るものがなにもないだだっ広い牧草地を、柵なんてない崖沿いに海を見下ろしながら歩くという素晴らしい体験が出来るのでおすすめ◎

青、緑、白の色のコントラストが目に優しくて、吹き抜ける風を全身に感じながらのお散歩は大自然を大満喫!

 

 

今度はブライトン側から国立公園を歩くコースでセブンシスターズを眺めたいなぁー!

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★