ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!2018年3月22日からイギリス生活送ってます◎

前編・語学学校に現地入学したお話

ワーホリビザだと学校を決めないで入国できるので現地入学が可能です。

最初の定住地を決めずにイギリスにやって来て、いくつかの都市に遊びに行ってからイーストボーンで3ヶ月学生に集中することを決めたわたくし。

イーストボーンに移動してきた翌日に早速学校見学に行ってきました。

 

入学するまでの流れ&(後編では)実際にイーストボーンで見に行った学校と金額をご紹介したいと思います◎


 

わたしは英語力ビギナー(入学時のクラスはpre-intermediate)で、ジェネラルイングリッシュコースの学校をホームステイ付きで探していました。

長い上に文字ばっかりの記事ですが、興味がある方はお付き合いくださいませ。

f:id:kozuenjoy:20180615013612p:plain

=========== 

◼️その1 どんな学校がどこにあるのか調べる

グーグルマップに「language school」と入れて検索!

合わせてグーグル検索もかけて、見学に行く学校のリストを作成。

もちろん日本語じゃなくて英語ページでの検索ね。

さくっと検索した時に出てこないような学校は避けた方がいいので、さくっとな。

オフィシャルでがっつり日本語サイトが用意されてる学校は日本人が多い可能性あるので、日本人少ないところがよければその辺も考慮してみるのもいいかも。

 

そして無駄なく回れるようにルートを決める。

イーストボーンは学校の数が少なく余裕で1日で回れる数でしたが、ロンドンとか大都市だと事前に場所や金額で絞って見に行くべきかと。

 

実際行ってみたら英語の学校じゃなかったとか、なかった(閉校?)ってこともあったので公式サイトを事前に見ておくのもおすすめ。

 

 

 

◼️その2 確認事項を決めておく

これは人によって大事なことが違うのでなんとも言えませんがわたしの場合は、

・立地(学校周辺の環境含め)

・雰囲気(広さ、フィーリング)

・今日本人が何人いるか(少ない方がいい)

・金額

以上4点は絶対に確認しておきたいことでした。 

 

料金を教えてもらうために決めておくのは

・どのくらいの期間通うのか

・コース(だいたいジェネラルイングリッシュと各検定用コースがある)

・滞在方法(寮など。ホームステイの場合はごはん何食かとか)

この3点は見積りを出してもらうのに必要なのでだいたいでも決めていきましょう。

 

 

◼️その3 とにかく直接行く

アポイントメント取ってから行くのがいいかなーなんて思ったけど電話する度胸がなかったので笑、とにかく直接お邪魔します。

 

だいたいの学校が英語が不得意な外国人&突然の来客に慣れてるはずのでそんなに心配することありません!

むしろここでの対応が悪いなら辞めた方がいい。

 

「わたしは語学学校を探していて、情報をもらえますか?」

とカタコトで伝えるとパンフレットくれて、どんなコースを検討しているか聞かれます。

で、答えると簡単に学校の説明してくれて金額を教えてくれます。

パンフレットの後ろの方に載っている料金ページを使って説明してくれたとこばかり。

学校で直接聞いたらパンフレットに載ってる金額より安くなったところもありました!

 

 

◼️その4 確認事項の確認

決めておいた確認を実際に確認しましょう。

英語に自信がないなら質問を英語で書いておくのもよいかと。

 

校舎見せてほしいっていうとほとんどの学校がざっくり案内してくれるので、せっかく現地に見に行ってるんだから見せてもらった方がお得!

1番簡単に雰囲気が掴める方法だと思います。

・校舎の清潔感

・図書館や自習室などの勉強環境

・放課後アクティビティが充実してそうか(生徒同士の交流が活発か)

・食堂の有無(小さな街なら学校周辺に買いに行く場所があるかも含めて)

・今いる生徒の年齢層、国籍

・スタッフや先生の雰囲気

なんかが分かると判断材料になるかと思います。

 

金曜日の午後は授業がない学校が多いので生徒があんまりいません。

雰囲気見たいんだったら月~木の午後一とかで行くのがいいかも。

お昼休みの終わりくらいを見られると生徒の雰囲気が分かりやすい。

 

聞きたいことが全部聞けたら、「考えてからまた来ます!」と伝えて帰ります。

2度目ですが向こうも慣れてるのでだいたいスムーズにいきます。

 

 

◼️その5 比較検討して、入学する

お家に帰ってから情報を整理して悩みましょう。日本のサイトやブログで口コミ情報なんかと検討してもいいんじゃないかな。

わたしの場合は最初の確認事項から、

・立地 :海に近いか、街の栄えてるところに近いか

・雰囲気 :フィーリング大事。自分が通ってるところを想像してみる

(・日本人の数 :どこも0~3人だったのでそんなに気にならず)

・金額 :ただ総額見るだけじゃなくて授業時間数や祝日も学校があるかなんかも見てみる

以上を総合的に考えて決めました。

 

決めたらパスポート(とBRPカード)を持って学校に行きます。(オンライン申込み出来るとこばっかりだけど直接行った方がわかんないとこ聞ける)

見学時に入学用フォームをくれるところもあるのでそしたらそれ記入して持っていく。

 

あとはスタッフさんの説明に沿って手続きを進めていけば手続き完了!

記入する内容もパスポートの情報や日本の住所なので簡単!

だいたいの語学学校が毎週月曜日が入学日なので好きな月曜日を選べばOK!

支払はクレジットカードに対応しているとこばかり!

支払証明や必要書類なんかをもらって、入学当日の流れを教えてもらって終了!

思ってたよりもあっさりと入学できちゃいました。

 

=========== 

以上がわたしが行った現地での入学手続きです。

突然入学したのでホームステイの手配が間に合わないってことで、ホームステイは1週間ずらしてのスタートとなりました。

 

木曜日にイーストボーンに到着して、

金曜日に学校見学に行って、

土日でどこの学校にするか決めて、

月曜日に入学手続きに行って、

次の月曜日に入学初日

その週の土曜日にホームステイスタート

という流れでした。

到着日の関係もあって手続きから入学まで待機期間(言うなればロスタイム)が1週間。

 

日本にいる間に学校を決めることのメリットは「時間を無駄にしないこと」

現地入りしてすぐに学校が始まったらその分勉強できる時間が長いし、

その分早く英語が上達するかもしれないので仕事が見つかるかもしれない。

ホームステイを選ぶなら、あたり外れはあれどもとりあえず家はあるのでホテル生活よりは節約ができる。

限られたワーホリ期間の中で1週間も無駄にしたくないっていう人には現地入学は向いてないと思います。

 

 

わたしの思う現地入学のメリットは

・雰囲気を直接確認できる

・謎の達成感がある(ひとりでできるもん感)

・たぶん1番安い

この3点なんじゃないかな。

雰囲気を確認してても先生との相性や同じ時期にいる生徒との出会いはご縁なので、それはどんな方法で入学しようが同じですけどね。

実際に通い出して、合わない!ってなっても「自分で見て決めたのになぁ」っていう腹の括り方?が出来るのでわたしはその方が好き。誰かのせいにできたら無駄にイライラしちゃう。

どこの学校も今やオンラインで申し込みが出来るのでわざわざ現地に行かなくてもエージェントに手数料払わずとも入学できるけどね。

でも直接行ったら安くなった学校もあったので、もしかしたら交渉できるとこやキャンペーンをやっているところもあるのかもしれない…!

 

=========== 

わたしは小さな規模の学校に決めまして、後日ロンドンの大手語学学校に通っている友達と話しててここが違うな思ったことは

・スピーキング、グラマー、ライティング等でそれぞれクラスが違う

・同じレベルで複数クラスがあるから先生と相性が合わなくてもクラスを変えられる

・桁違いの金持ちがいる

ってことでした。

 

わたしの学校はクラスは総合レベルで分かれていて1日を通じて同じクラスメイトと授業を受けます。なので自分から他のクラスと交流していかないと友達が増えない。

授業の内容も明確に「今はグラマーだけの授業!」っていうやり方ではないので学習方法にこだわりがあるなら、このあたりのクラス分けや授業内容も確認した方がいいかもしれません。

 

2つ目はわたしが通っている時期の問題もあるかもしれませんが、1つのレベルが1つのクラスしかないので先生との相性が悪いと逃げ場がありません。

頑張って上のクラスにあがるか、さげるかの選択肢。しんどい。

 

3つ目はただのおもしろ話。生活費の高いロンドンに、授業料の高い大手語学学校に通えるだけの経済力がある人が集まっているのでどえらい金持ち(もしくはその子ども)と同じクラスになることも。

以前ロンドンの大手学校に通っていた人が、友達がいなかったアラブの石油王の息子とひょんなことから仲良くなってダンヒルのスーツを買ってもらったっていう話を聞きました笑。

 

=========== 

どこの学校でも「夏(6月後半から8月いっぱい)はめちゃめちゃ混むから、今の時期(4月)に入学するのはオススメ」と言われました。

生徒も増えるし、先生たちはホリデー取るからテンポラリーの先生になったりするのでゆったり勉強したいなら夏は避けてもいいかもなと。

わたしは「人が増えるなら友達になれる人と出会える可能性高まるじゃん」なんて思っちゃうタイプ。

 

他に言われたのは、夏を迎えるまでにクラスのレベルを上げておくと人が多いわちゃわちゃの影響が少ないってことでした。

ほんとかよなんて思っちゃいましたが笑。

 

あとホストファミリーも足りなくなるから、夏からホームステイを始めるとはずれの確立が高まるかもしれないって。

(普段評価が悪くて生徒にあてがう優先順位が低い家庭も、数が足りないから仕方なく回すこともあるらしい)

夏の期間は料金が高くなるところもあるしね。

 

まぁ、時期なんて仕方ない問題だったりするのでそんなに深く考える必要はないと思いますが一応聞いた情報なので記しておきます◎

 

=========== 

長くなっちゃいましたが、語学学校に現地で入学してきたよっていうお話でした。

次回は実際にイーストボーンで見てきた学校を勝手に紹介するよ◎

 

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★