ギリホリちゃんdiary*イギリスYMS

華の87年生まれの31歳。年齢制限ギリギリのワーホリで「ギリホリ」ちゃん。イギリスワーホリことYMSビザの2017後期当選!(2018年3月22日渡英)

その1・湖水地方へショートトリップ

この夏のわたしの旅行、まずは国内旅行ってことで目指すは日本語では湖水地方、英語だとLake District

イングランド北西部の湖が点在している風光明媚な地域一帯を指す言葉。

イングランド内でのナショナルパークでは1番大きくて、2017年には世界遺産に登録もされたんだって。

 

 

エリアが広いのでいろんな見どころがありますが、わたしは個人で行ける王道コース(おそらく)を行ってきました◎

レンタカーやツアーバスで回ったりすることも出来るし、トレッキングコースもたくさんあるし、いろんな楽しみ方が出来る場所ですね。

 

===============

わたしはロンドンからマンチェスターでちょっと観光して、

Manchester PiccadillyからOxenholmeで乗り換えて、

f:id:kozuenjoy:20180808005313j:image
f:id:kozuenjoy:20180808005322j:image

Windermere駅に到着。約2時間の道のりで£11.55。

 

 

湖水地方観光、どこに宿を取るかが結構悩みどころなのです。

わたしは王道コースをさくっと回りたかったのでウィンダミア駅から近い場所にAirbnbで宿をとりました。

ウィンダミア駅は湖水地方の玄関口。前述のオクセンホルムで宿を取る人も多いみたい。

 

 

ウィンダミア駅周辺の雰囲気はこんな感じ。

レストランやお土産屋さんが並ぶハイストリート。

f:id:kozuenjoy:20180909194033p:plain

 

かわいいパブもいくつか。

f:id:kozuenjoy:20180909194222p:plain

f:id:kozuenjoy:20180909194242p:plain

ちょうどワールドカップ中だったのでフラッグを掲げているところもちらほら。

スーパーマーケットもあるので節約もできるぜ!

そんなに大きな街ではないので駅から10分も歩いたらお店のあるエリアは終わり。

 

 ===============

ウィンダミアは駅周辺の村名で、Windermere lake(ウィンダミア湖)に行くには駅から徒歩30分、バスだと10分のBowness-on-Windermere(ボウネスオンウィンダミア)に向かいます。

f:id:kozuenjoy:20180911000108j:image

 

湖湖畔の街、ボウネスも観光ヴィレッジ。ここは湖のクルーズ船の起点。

ウィンダミアよりも大きくてこちらにもたくさんのレストランやギフトショップが並んでいます。

f:id:kozuenjoy:20180909203423p:plain

 

「Flying Pig」というかわいいパブ。

f:id:kozuenjoy:20180909195833p:plain

このパブの正面には湖水地方の代名詞とも言えよう、ピーターラビットの施設があります。

The World of Beatrix Potter Attraction

f:id:kozuenjoy:20180909203959p:plain

湖水地方に行っておいてなんだけど、わたしピーターラビットって学生の頃英語の授業でなんとなーくしか読んだことないんだよね。

たいして思い入れもないもんで、アトラクションには行きませんでした。

 

そういえば今年はピーターラビットの映画が公開してましたね。見てないけど。

 

 

 

そして湖水地方最大の?湖、ウィンダミア湖に到着ー!

f:id:kozuenjoy:20180909194751p:plain

このあたりは今は中国人、韓国人観光客がいっぱい。

一昔前は日本人が多かったみたいでところどころに日本語の案内や説明がありました。

 

 

Bowness Pierからクルーズ船に!

Windermere lake cruises


航路がいくつかあって、私が乗ったのはRed Cruiseというもの。

往復チケットで£11.30。冬だと料金が変わるみたい。

湖水地方の他の観光スポットとのセットチケットも売っているみたいなのできちんと計画立てるとお得になるかも。

f:id:kozuenjoy:20180909194810p:plain

 

船に乗ったあたりから分厚い雲が空を覆って、風を切って走ると寒いくらい。

f:id:kozuenjoy:20180909194824p:plain

f:id:kozuenjoy:20180909194838p:plain

 

===============

到着したのはAmbleside pier(アンブルサイドピア)

f:id:kozuenjoy:20180909200142p:plain

ここもまた船着き場のピアから村までは少し離れています。

徒歩だと30分、バスだと15分ほど。

 

 

アンブルサイドのメイン観光スポットはここ。

The Bridge House

f:id:kozuenjoy:20180808005334j:image

f:id:kozuenjoy:20180909204053p:plain

17世紀にりんごの販売所として作られたのがこのブリッジハウス。

名前の通り、川の上に橋のようにして建てられている石造りの小さな家。

なんで川の上なのかというと地面の上だと税金がかかるからだとか。

今はナショナルトラストが所有してて、夏の間は中に入れるようになっています。

 

中はこんな感じ。狭い!でもこういう狭い秘密基地みたいな場所ってなんだか楽しいよね。

f:id:kozuenjoy:20180909200559p:plain

f:id:kozuenjoy:20180909200614p:plain

 

アンブルサイドの街はこんな感じ。そこそこ大きな村です。

石造りの家並みが可愛い。

f:id:kozuenjoy:20180909201037p:plain

f:id:kozuenjoy:20180909201054p:plain

 

かわいい雑貨屋、チョコレート屋、お土産屋もちらほら。

f:id:kozuenjoy:20180909201139p:plain

 

日本食レストランも発見。

f:id:kozuenjoy:20180909201109p:plain

 

===============

そしてアンブルサイドからバスに30分ほど乗ります。山道をくねくねと進むので酔いやすい人は要注意。

Stagecoach社が湖水地方で走らせているバスは乗り放題の1日券(4日や7日もある)もあります。

わたしが通ってきた【ウィンダミア→ボウネスオンウィンダミア】、【アンブルサイドピア→アンブルサイド】もルートに含まれています。(歩くのが好きなので歩いちゃったけど)

505、555、599、618番あたりのバスが王道観光には便利な路線。

船とのセット券などもあるらしい。

 

 

途中時々ウソだろっていう細い道を華麗な運転テクニックで進んでいきます。

窓から見える景色は街を出ると突然自然に切り替わるのもおもしろい。

辿り着いたのは小さな村、Hawkshead(ホークスヘッド)

f:id:kozuenjoy:20180909201814p:plain

 

ここにもピーターラビット関連スポットが。

Beatrix Potter Gallery and Hawkshead

f:id:kozuenjoy:20180909201829p:plain

 

窓にはきっとビアトリクスポターの使ってた道具やお手紙であろうものが飾られていました。

f:id:kozuenjoy:20180909201843p:plain

 

このホークスヘッド、小さな村の感じがとっても可愛い!

f:id:kozuenjoy:20180909201856p:plain

 

お花がとっても可愛い小道を発見したのでパチリ。そして乙女加工。

f:id:kozuenjoy:20180808005648j:image

 

教会も素朴な雰囲気で気に入りました。
f:id:kozuenjoy:20180808005724j:image

 

===============

さてさて、ホークスウッドからのバスはこちら。

バスっていうか車。田舎感が一気に出てきましたね。

f:id:kozuenjoy:20180909204157p:plain

このバスは乗り放題のルートには含まれていないので別途支払いが必要。

そして冬期間は走ってないらしいので要注意。

 

 

湖水地方には大小合せると500もの湖があるらしい。

トレッキングをするのにも人気の場所で大自然を歩くのはとっても気持ち良いでしょう。

バスの中からの景色も十分楽しい!

f:id:kozuenjoy:20180909202036p:plain

 

やってきたのはNear Sawrey(ニア・ソーリー)

めちゃめちゃこじんまりした村。

バスを降りてすぐに目につくのはお花がもりもりの可愛いゲストハウス。

f:id:kozuenjoy:20180808005605j:image

 

散々ピーターラビットに興味がないって言っておきながら、ビアトリクスポターが暮らした家を見てきましたよ笑。

National Trust Hill Top

f:id:kozuenjoy:20180909202408p:plain

ビアトリクスポターが39歳の時に印税で購入した小さな農場のお家。

ピーターラビットシリーズの1作目を出版したのが35歳。

 

畑や庭も残されていて、中も生活が感じられるような調度品たち。彼女が暮らしていた当時のままんだって。

f:id:kozuenjoy:20180909202426p:plain

f:id:kozuenjoy:20180909202442p:plain

イギリスの田舎暮らしが詰まったお家。

田舎暮らしを可愛いと感じたり、憧れを抱くのはどこの国でも同じなんでしょうかね。

 

 

ピーターラビットの複製原画的なものも。

f:id:kozuenjoy:20180808005700j:image

 

幼少期に過ごした湖水地方での思い出もピーターラビット誕生の理由のひとつだそうで、念願叶って購入したこの土地。

ビアトリクスポターの遺灰もここに撒かれているそうな。

自然保護活動も熱心に行っていたことから死後はヒルトップ含めて莫大な土地をナショナルトラストに土地を寄付したそうな。

 

ビアトリクスポターは世界で最初のキャラクタービジネスに成功した人なんだって。

絵本以外のキャラクター版権は彼女が持っていて、ぬいぐるみを最初にハンカチやボードゲームなど次々にグッズ化をして財を成していったとのこと。

キャラクター好きなわたしとしてはなかなか興味深いお話。

 

優れた作家であり、ビジネスウーマンでもあった女性。

そんな背景もあってか作品以外にもいろいろと研究されてる女性。

映画もありましたね。これまた見てないけど。

関連記事をぺたり。

ビジネスウーマンとしてのビアトリクスポター

ビアトリクスの生涯 - ピーターラビット™オフィシャルウェブサイト

「ピーターラビット™」を生み出したビアトリクス・ポター™、革新の人生<前編>

 

 

 

ニアソーリーのバス停にはこんな可愛い標識も。

f:id:kozuenjoy:20180808005631j:image

ピーターラビットシリーズで描かれているお店やポストもあるので、ファンには嬉しい場所なんだろうなぁ。

 

バスが1時間に1,2本しかありませんので、カフェで時間を潰す。

f:id:kozuenjoy:20180909203131p:plain

 

===============

帰りはバスに乗ってまたホークスヘッドで乗り換えて、アンブルサイドピアまで戻ってきました。

ここに来てずっと曇りだった空が青空に!

f:id:kozuenjoy:20180909202752p:plain

 

クルーズ船に乗って、来た道を戻ります。

f:id:kozuenjoy:20180909203015p:plain

f:id:kozuenjoy:20180909203252p:plain

天気がいい方が楽しい!人間ってなんで山とか湖見るのが好きになってくるんでしょうね。子どものころは興味なかったのに。

都会に疲れた人はこの風景に癒されるんだろうなぁ。

 

 

ボウネスオンウィンダミアに戻ってきて、夕焼け待ち。

f:id:kozuenjoy:20180909203640p:plain

f:id:kozuenjoy:20180909203719p:plain

 

この日は結局綺麗な夕焼けを見ることはできませんでした。ぐぬぬ

f:id:kozuenjoy:20180909203653p:plain

 

================

てなわけで湖水地方観光1日目が終了。

ウィンダミア

・ボウネスオンウィンダミア

・アンブルサイド

・ホークスヘッド

・ニアソーリー

以上のウィンダミア湖周辺の村回ることができました◎

f:id:kozuenjoy:20180912002409j:image

特に念入りな計画を立てずにふらーっと思いつきで動いてもいけました◎

基本的には全部バス移動。グーグルマップ先生の言う通りにバスに乗ったら問題ありません。

ニアソーリーにはウィンダミア湖を渡って行くことも出来るみたい。

 

 

ウィンダミア湖周辺の観光情報をぺたり。 

 

 

2日目はその2に続くー!

 

■━■━■━■━■━■━■━■━■

★イギリスワーホリ(YMSビザ)関連まとめページ 

 

★いっちょまえにランキングに参加中★

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(イギリス)へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

★そこそこリアルタイムに更新中SNS★